topimage

2017-10

万年筆作り - 2012.09.04 Tue

二子玉川の高島屋の伊東屋で開催されていた「パイロット組立てペン教室」へ親子で参加して
はじめて万年筆を組み立ててみました。
看板
私も組み立てる?のははじめてだったのでワクワク・・
参加してみると子ども達の中に大人は私だけでした(笑)
バラバラ部品360x
キャップ、ペン先、ペン芯、首軸、本体、カートリッジ・・・
バラバラの万年筆の部品を・・少しずつ組み立てていきます。
部品少しずつ組立る
面白かったのは、はじめは少し隙間のあるペン先を、少しお湯につけてピッタリと隙間なく
つけてしまうところでした。
ペン先はFペンという細字タイプ。聞くとペン先の太さもなんと15種類もあるとのことで驚きました!
真剣な健
息子は万年筆に憧れていたようで・・ワクワクしておりました。
いつになく真剣??
ママメモ
(母メモ)
組み立てた万年筆で、いただいた便箋にメモをとってみました。 
健メモ
(息子メモ)
いつになく丁寧に字を書いてしまいます。。親子でパイロットさんのお話をメモってました(笑)
息子はだんだん絵に変わっていっちゃった(#^.^#) 
インクたち
丁寧に大切に使うと万年もつよ・・という意味で万年筆。
「毎日、字を書いてね」と言うパイロットさんに子どもは「うん」と。。
「万年筆で字を書くと鉛筆で書いても丁寧に書くようになるよ」とも。。

こういう万年筆作りは、よく開催しているのかとお聞きすると
都内ではたまに開催しているそうですが 今回 こちらでははじめて開催したとのことです。
最近は、パソコンや携帯が普及して、字を書くことが少なくなっているけれど
書くことを大切にしてほしいと思い、子ども達へ伝えたいと開催しているそうです。


日本の小学校では鉛筆書きが多いけれど、フランスなどでは小学校で万年筆を使っているところも
あるとか!! サイン文化の国・・万年筆がよく使われていますものね。。


最近は万年筆用のインクもいろいろあり・・パイロットさんの「色彩雫」シリーズは日本の
美しい情景から創造された彩り豊かなインキで・・色合いが綺麗。
21色もあるそうです。。。


海外では「NAMIKI」ブランドとしてパイロット社の蒔絵シリーズの万年筆がとても人気があるそうです。
漆に金箔をほどこしている蒔絵。。
この伊東屋さんにも100万円の万年筆があるとのことで息子と観てきました。。
密かにガラスペンも最近 惹かれている私達親子は ガラスペンも試してみたり・・・
いろいろなペンがたくさんで書くことにワクワクする空間にしばし心地よい時間を過ごしました。
万年筆立て
家に帰ってから透明のスケルトンさを生かして息子は本体の中に紙に描いた絵を・・
私はビーズなどいれてみました。。


とってあった空きペンケースに息子はmy万年筆を入れて・・
私は廃材の木片をペン立てにしてみました。。


書くこと 書く時間 ワクワク・・・
大切にしたいなと思います。。。







スポンサーサイト

リース&エコラージュ展のDM で・き・た・・ «  | BLOG TOP |  » 「はじめての日」・・・

プロフィール

石坂香

Author:石坂香
イラストレーター&カケラージュ作家.
女、母、紙、絵、音、病、楽、笑、感、
日々、色々いろイロ、カケラージュlife!
病を機に 捨てられそうなモノが愛おしく
エコ紙漉きで、エコでニコッとなる
エコハートを産みました。
イロイロ 異素材などとセッションして 
日々のカケラで切ったり、貼ったり、
カケラージュ(造語)して 
生まれ変わらせています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
作品サイト http://gekko.petit.cc

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ