topimage

2017-10

春の風 と 子供の空 - 2009.04.07 Tue

桜の花びらが風に舞い。。
気持ちよく空を泳ぎだす鯉のぼりも見かける季節へ。。。
2009.4.鯉のぼり IMG_0498


子供も進級して 新しい先生やお友達との生活が始まった。。


ワタシは久々の検診へ
ちょうど昨年の今頃 入院中お世話になった先生が
他の病院へ移られて。。
そして1年後の今日 また この病院へ戻っていらした。。

春のお別れ。。春の再会。。
ココに来るとイロイロと想いは巡る。。



昨春・・子供の入園、お花見を機に カツラとさよならしたワタシ。
春風を地肌で感じたかった。。
抗がん剤の治療が終わり やっと 薬が抜けて 少しずつ髪の毛が生えてきた頃で
植物が芽を出す気持ちと一緒に 細胞が生きてるんだ と感じて嬉しくなったものだ。。
まだまだ超スポーツ刈りヘアで 人前に出るのは 勇気がいったけど 
ナマの風を頭で感じたときはサイコーに気持ちよかった!!
2009.4.桜と風と空とsh0 のコピー

そんなワタシも 今では美容院へ行き。。
夏ごろには久々にファンキーなパーマをかけたい。。と
願望を美容師さんへ伝えてみると。。

「結構 髪多いので かなり広がりそうですよ」との ご指摘。。



あぁ なんて久しぶりな言葉!!
そんな ご指摘の言葉をまた聞けるとは 嬉しく感じる。。


        先日 地域情報誌にて がん患者の「治療と生活をつなぐ」テーマに
      サポートしているという「リボン・ウィッグ・サポーターズ」の
       カットイベントのことが掲載されていた。
       看護学生の髪を医療用ウィッグ(カツラ)にしてがん患者を支援しようという
      新しい試み。。

       なんて温かいカツラだろうと思った。。

      どこの誰かわからない方の毛髪のカツラを身につけるより
      「患者さんに自分のできることをしてあげたい」という気持ちで
      提供された髪を身に着ける。。

      この気持ちを感じると 脱毛の苦痛も少し和らぐと思うな。。




治療中は臭覚が鋭くなり 味覚もかなり変わるもの。。
何が食べれるのか 探索の旅でもあった。
これは もともと好き嫌いがなかった自分には 本当に不思議な旅で。。。


おかげで一時期 やせてしまったが
今では 美味しいと感じて 食べれるのが嬉しく 
やせていた頃が 嘘のように 太ってしまい(笑)
ダイエットを考えたりしている。。


あぁ なんて贅沢な気持ちなんだろう。。
食べたい気持ちを控えるなんて。。




どれもこれも 一時期には辛いと感じたことが
今では より幸せを感じるいい経験になっている。。



しかし子供って・・・

髪がなくても
カツラ被っていても
変な格好してても
やせていても 
太っていても
怒ってしまっても

いつでも 同じ態度で接してくれる。。
いつでも 好きと言ってくれる。。



小さな子供の心って
大きな青空より広いかも。。。。。
スポンサーサイト

ライター会議中?? «  | BLOG TOP |  » 小さな春の?発見

プロフィール

石坂香

Author:石坂香
イラストレーター&カケラージュ作家.
女、母、紙、絵、音、病、楽、笑、感、
日々、色々いろイロ、カケラージュlife!
病を機に 捨てられそうなモノが愛おしく
エコ紙漉きで、エコでニコッとなる
エコハートを産みました。
イロイロ 異素材などとセッションして 
日々のカケラで切ったり、貼ったり、
カケラージュ(造語)して 
生まれ変わらせています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
作品サイト http://gekko.petit.cc

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ