topimage

2017-08

我が家の★ウォーリー - 2008.12.19 Fri

2008.12.19.我が家のウォーリーPA0_0584
29世紀の地球。。ゴミの山で荒れ果てた地球から逃げるように
人間達は宇宙船で宇宙へ旅立ってしまった。。
誰もいない地球でたった1台。。ゴミ処理機の ウォーリー が働く。。。
(このゴミが圧巻!! 一番このゴミの表現に時間とコストがかかったという!!)
ゴミの山から毎日 自分なりの宝物を見つけて 小さな楽しみを大切にする
ウォーリー。。わかるぅ。。なんて同感してしまった(笑)
そこで見つけたビデオの映画を見て 恋する ことに 憧れるウォーリー。

巨大な宇宙船から探査ロボット イヴ が地球へ来てから ウォーリーの
恋するココロ♪が現実に芽生えて。。。

ロボットのウォーリーが感情を持っていく。。
人間が無機質になっていく。。この皮肉さがなんとも!!
(ネット社会の行き着く果ての人間の姿が一番怖かった・・)

ロボットのウォーリーが夢 希望 感情 を持つココロ。。
ほとんど名前を呼び合うだけで 会話 がない分、それ以外のココロの
伝え方がせつなくてうるうるしてしまった。。

表現ってホント イロイロだなぁ。。

監督のアンドリュー・スタントン氏はあえて会話の出来ない面白さを
選んだという。。そうすることによって観客は何を考えてるか想像をする。
赤ちゃんに接する時、普段使わない感性を一生懸命使って想像するのと
同じ。想像が正しいとその対象との間に感情的な絆が生まれる。。と。
アニメーターでもある彼は言葉の力に頼らずにストーリーを伝えることに
とても惹かれると。。



先日テレビでセカンドステップという新しい教育プログラムのことを
放送していたのを思い出す。。
今の子は 相手に共感したり 相手の感情を読めない子が多いという。。
怒りを感じた時の対処の仕方を 先生が意見押し付けずに 子供達に考えさせる
皆で意見出し合って自分の考えを話し相手のことも考えることによって
相手に共感したりできるようになる。。というプログラム。。

コトバ。。オオイ。。スクナイ。。オモウ。。キモチ。。ミンナ。。ソレゾレ。。

おうちで我が家のウォーリー君。。発見してみた。。
どこのおうちにもいるはず。。だねっ♪

しかし平日だったせい?
劇場内はガラガラ。。いい映画なのに。。ココロ コロコロ。。
そんなはずないわよねっ 休みに入ったらゴロゴロ。。すごいだろうな。。
スポンサーサイト

切手のクリスマス世界 «  | BLOG TOP |  » 家ケーキはどれだ!?

プロフィール

石坂香

Author:石坂香
イラストレーター&カケラージュ作家.
女、母、紙、絵、音、病、楽、笑、感、
日々、色々いろイロ、カケラージュlife!
病を機に 捨てられそうなモノが愛おしく
エコ紙漉きで、エコでニコッとなる
エコハートを産みました。
イロイロ 異素材などとセッションして 
日々のカケラで切ったり、貼ったり、
カケラージュ(造語)して 
生まれ変わらせています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(病とのコラボ過去入院日記も掲載中。)

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ