topimage

2017-10

黒 と 白 - 2008.11.27 Thu

日帰り箱根へ
温泉玉子なんて何年ぶり!!
黒玉子。。というけれど よくよく見るとみんな模様が違ってて素敵。
殻を割ろうとすると殻模様が三日月のように見えたりして・・
なかなかもったいなくて割れない(笑)
大涌谷と黒玉子PA0_0413
黒 の次に 惚れたのは ルネ・ラリック美術館へ入った際に
換えチケットとしていただいたエンボス加工入りのチケットに印刷されて
いた「冬景色」のペンダント・ブローチの作品。。一目惚れ(笑)
ラリック カタログPA0_0382
この作品に会えるんだ。。とワクワクして一つ一つ作品を見ていくと
・ ・あらら ないぞ。。
何故ゆえに?? とお聞きすると 今は収蔵されており もう少し
クリスマス時期の頃に展示すると。。そ。。そんな。。トホホ。。
残念。。す すぐそこに 白い冬景色ブローチがあるというのに
観れないとは。。

でもそれ以外にも ラリックの作品はトキメク品が多かった。。
もう何年前だろう。。初めて彼の昆虫の作品を見たときの斬新で繊細な
インパクトに驚いた時のことを思い出した。。
彼の作品で特に好きなのは香水瓶たち。。
香水商コティと出会ってから 宝飾細工師→ガラス工芸家へ転進した
というラリック。。
香水瓶の小さな 細かな 世界の中に 広がる彼の繊細さが好き
いろいろな花をモチーフにしているのだけれど 朽ちていくケシの姿を
モチーフにしていたりして 彼なりの 美 を感じさせる視点を発見する
のも面白い。。

光りによって青、オレンジ色に見える オパルセントガラスが綺麗。。
「冬景色」の白の奥深さを感じさせるような魅力的な色合い。。
やっぱり 白 って深くて好きだな。。


スポンサーサイト

親子でホワッと ニコッと休みましょっ «  | BLOG TOP |  » 科学の楽しみの山

プロフィール

石坂香

Author:石坂香
イラストレーター&カケラージュ作家.
女、母、紙、絵、音、病、楽、笑、感、
日々、色々いろイロ、カケラージュlife!
病を機に 捨てられそうなモノが愛おしく
エコ紙漉きで、エコでニコッとなる
エコハートを産みました。
イロイロ 異素材などとセッションして 
日々のカケラで切ったり、貼ったり、
カケラージュ(造語)して 
生まれ変わらせています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
作品サイト http://gekko.petit.cc

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ