topimage

2017-08

カメラの中へ - 2008.09.20 Sat

面白いワークショップ多しの川崎市民ミュージアム

これまた久々にママ&ボク友達と一緒に参加する。。
台風もちょうど抜けて気持ちいい天気。。ホッ。

「カメラであそぼう」
カメラを使わずに写真を撮る。。なぬっ??と思うが
カメラの二つの技術を知るとなるほどなるほど。。。

カメラ=カメラ・オブスクラ=ラテン語で「暗い箱」を意味する
光り=モノを変化させるパワーがある
光りを感じるモノを紙などに塗ったものが印画紙、フィルム。
この技術の組み合わせで写真できるのんよね。。
光りの屈折を上手く利用したのんよね。。

印画紙の上に好きなモノ(光り感じるもの)乗せる
   ↓
自然光をあてて5分そのまま置く
   ↓
定着液へ浸す
   ↓
水で洗う
   ↓
乾燥させる

カメラなしの写真デキタあるよ 
2008.9.20.光写真PA0_0214

会場には色々なカメラが置いてあり 子供達は見たり 触ったり
覗いたり ワックワクゥゥ。。
特に人が入れる位のダンボール箱をカメラに改造したのがGooだった!!
中に入ってカメラになりきれる(笑)のだ。。
係りの方が動かしてくれてまるで動く映画みたい。。とボク達興奮。
子供ばかりだから恥ずかしいなぁと思いつつ私も入りたくなり入った。。
暗闇の中、なんともノスタルジックな世界が広がって見えた。。
私は係りの方、動かしてくれなかったな。。重くて動かなかったか(笑)
光りの優しさを感じてドキドキした。。
2008.9.20.カメラへ入ろう3連

ミュージアムはちょうど「ジャパンプラジルクリエイティブアートセッション展」
開催中。。ブラジル作家さん達個々のパワーある作品群。。
見ていてパワーを感じてワクワクした。。

中でもホザーナ・ヒカルデさんの「白い海」
作品が額から外へ出て風を気持ち良さそうに感じているようだ。。
心地良い、海風を感じた。。

内と外 の違う世界を感じた1日であった。

追記。。
その日、帰るとダンナの仕事関係でお世話になった方から素敵なお花が届いてた。
アンティークな色合いが素敵なお花。。。
そしてその花と同じくして嬉しかったのは花が梱包されていた空き箱(笑)
おぉーー。。カメラ作りにピッタリじゃーな箱!!
かなり圧迫感ありますが待っててね。。そのうちそのうち作らせてねっ

そしてまたまた友人からボクへ可愛い旭山動物園のお土産物も届いていた。。
こんなかわいい かりんとう なんてあるのねっ。
ボク大喜びっ!!!2008.9.20.旭山動物土産 のコピー


そう。。最近、紙漉きにもはまりだしたワタシ。。
さらにモノが捨てられなくなっている。。
うーん。。ゴミが少なくなったぞ!! エコー!!
うーん。。部屋がせまくなったぞ!! コエー!!

箱に感動する1日であった。。

スポンサーサイト

ハート工場 «  | BLOG TOP |  » 遺伝子のパズル

プロフィール

石坂香

Author:石坂香
イラストレーター&カケラージュ作家.
女、母、紙、絵、音、病、楽、笑、感、
日々、色々いろイロ、カケラージュlife!
病を機に 捨てられそうなモノが愛おしく
エコ紙漉きで、エコでニコッとなる
エコハートを産みました。
イロイロ 異素材などとセッションして 
日々のカケラで切ったり、貼ったり、
カケラージュ(造語)して 
生まれ変わらせています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(病とのコラボ過去入院日記も掲載中。)

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ