topimage

2017-08

命のクロスロード - 2008.06.14 Sat

ダンナの会社の社長さんがお亡くなりになり、お別れの式へダンナも病院の
外出願いをして出席することが出来た。
とても安らかないいお顔をされていた。
奥さんに先立たれてから腎臓を患い、自宅で人工透析をされていた社長さん。。
1人で毎夜透析されていたのはどれだけ大変だっただろう。
ダンナを頼りにしてくれていた社長さん。。ダンナまで入院したと聞いてその後
かなり心労がつのったと聞いていたたまれなくなった。
同じ病院という場にいながらお互い会う事が出来なかった最後が本当に残念。。。

最後のお別れをする時には、いつも自分が生前、故人に対してキツイ事言ったり
傷つけてしまったことが想い出されて心が悔やむ。。
父の時にもそうだった。。

ボクは5歳にしてこうしたお別れを3回経験している。。
死というものをまだよくわかっていないけれど素朴な言動が
ストレートでかえってリアルな現実を感じる。。

病院で日々成長していくつばめの雛たちが大合唱していて「生」に感動した後に
こうしたお別れで「死」を感じる。。
2008.6.12.つばめの大合唱 240xのコピー
生まれてくるもの。。
旅立っていくもの。。
まさに クロスロード。。。
命の現実を感じる。。

社長さん。。
今頃は奥さんと久々に再会してお酒でも飲まれているでしょうか。。
いろいろアリガトウゴザイマシタ。。。
いろいろスイマセンデシタ。。。
ご冥福をお祈りイタシマス。。。

会社の先行きなど現実の不安定な問題は山積みだけど
1つ1つ出来るコトからクリアしていこう。。
畑が違うコトを経験すると自分の好きな時間のヒトトキがかえってクリアに大切に感じる。。
至らないものだらけで落ち込む事も多いけど自分なりに出来る事も何かあるはず。。
コツコツ。。
チビチビ。。
少しずつ。。。

スポンサーサイト

遊びココロから生まれる «  | BLOG TOP |  » ボク豆 ママ豆 パパ豆?

プロフィール

石坂香

Author:石坂香
イラストレーター&カケラージュ作家.
女、母、紙、絵、音、病、楽、笑、感、
日々、色々いろイロ、カケラージュlife!
病を機に 捨てられそうなモノが愛おしく
エコ紙漉きで、エコでニコッとなる
エコハートを産みました。
イロイロ 異素材などとセッションして 
日々のカケラで切ったり、貼ったり、
カケラージュ(造語)して 
生まれ変わらせています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(病とのコラボ過去入院日記も掲載中。)

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ