topimage

2010-06

母は命を産み出すクリエイター - 2010.06.22 Tue

私はお仕事でお母さん大学でコラージュなどを作っています。


でもひとりのお母さんとしてお母さん大学生でもあります。

お母さん大学は忘れてしまいそうな大切なココロを

学ぶところ・・


☆・。。・・☆。・・・☆☆・。・・☆・・。。・

誰もが母から産まれた。。

母は命を産み出すクリエイター。

それはどんな芸術家もかなわない・・・と思う。


でも 母のスゴさに気づいてない人が

多いと思う。。。


「産みたい」
「産ませてもらう」


この二つは全然違う


☆・。。・・☆。・・・☆☆・。・・☆・・。。・

「イルカの泳ぐ海で産みたい」

石垣島の海で赤ちゃんを産んだお母さんに

お会いしてお話をお伺いしました↓
お母さん記者ブログ

?????? ?? ? 動物的本能が動かされる ?????? ?? ?

そんなひとときでした。

人間も動物・・・



海、水、命、光・・つながっているなと感じた。。。



忘れてしまっている大切なこと

もっと 心の奥のおくのおく・・・に

耳を澄ませたい。。


PS★後日、お母さん大学&イルカクラフトさんとのコラボでたくさんのお母さんたちの声を聞いて
おへそ箱をデザインして作り販売されることになりました。
2010.7.おへそ箱ラフたち (2)
ラフ制作中。。。

「月と親子イルカのおへそ箱」
桐の箱で へその緒を入れるところ と 写真などを入れられるところ があります。。
2010.イルカ誕生箱花入り中P7 のコピー
お問い合わせはお母さん大学購買部までinfo@30ans.com







形にならない大切なことを感じ・・

心で感じたままを表現する


以前、いろいろな画家のパレット展を

観たことがある

私も最近、パレット(牛乳パック・笑)の方が

私らしく感じたりする・・・

パレットアート のコピー

パレットに描いた色合いが

本当の自分の心模様なのかも・・

無意識な中に 本当の姿が

あるような気がする・・・





スポンサーサイト

? 6/21は、がん支え合いの日 ? - 2010.06.21 Mon

ハートコラージュいろいろ ヨコ500x
今日は「がん支え合いの日」です。
社会全体でがんのことを考え、お互いに支えあう日・・・ 


今は男性の2人に1人、女性の3人に1人が一生涯にがんを患うと言います。
自分自身も3年前にがんを体験、今も定期的に検診を受け
人事ではないと痛感した身。
同じ闘病仲間の友人は、はじめてがんと診断された時に医師から
「あなたはがんと共に生きていくのですよ」と言われた言葉が
ショックだったと言います。
今でも定期検診に行く頃には不安が襲い、検診後、医師に「問題ないですね」
と言われたらまたひとつ生きるハンコを押してもらったようで安心すると。
再発や転移の多い病気の為に「がんと共に生きる」と言われたのだと。。


これだけ多くの人ががんになるという時代なのに、
がんを体験して思ったのは
治療による脱毛、副作用、高額な治療費、生活の不安・・・様々な悩みが
生まれるわりには、なかなかオープンに情報収集しにくい点でした。
どこか後ろめたく感じてしまう そんな雰囲気は嫌でした。
病名が「がん」というのもよくないような。。
同じ病の者同士、かつら情報や意見交換をしたのが
現実にとても助かったものです。
町の中にもっオープンに気軽に行ける場所が
あればいいなと思っていました。


以前、治療中、抗がん剤の薬(点滴)に毒と記されていて驚いたことがある。
水ピースと点滴と手コラよ 480x

毒をもって毒を制する

高いお金出して自分の体に毒を入れるのです。

なぜ?  ・・・生きたい・・ただ答えはそれだけ。

快楽の為に高いお金を出して麻薬を体に入れる人がいる
生きたい為に痛みと闘い、あまりの痛みに麻薬を体に入れざるをえない人の
ココロを快楽の為に薬に手を出す人に見せたい。。

生きてる それだけでスゴイことなのに・・・


色鉛筆ライン のコピー 解72 500x


先日、昨年4月に麻生区万福寺にオープンした
「しんゆりリボンズハウス」へ行ってきました。

リボンズハウスは、がん患者さんや家族を支援するNPO法人キャンサー
リボンズが全国展開している患者さんの「治療と生活」をつなぐ、具体的な
情報とケア体験を提供する場所。
メディカルセンターのビルの1Fにあります。

以前、キャンサーリボンズがP&Gパンテーンとの共同プロジェクトで
看護学生の髪を医療用かつらにしてがん患者を支援する記事を拝見して
素敵な発想だなと思っていました。


2010.6.14.●花よりリボンズハウス のコピー
ボランティアの方々が編まれたひざ掛けがソファを彩っていました。
隣がお花屋さんとウィッグ屋さん。ガラス張りでとてもオープンな場所。


曜日によって料理セミナー、ネイルケア、がんや治療と向き合うグループ
カウンセリング、メイクセミナーなど様々なプログラムを開催中。
2010.6.14.カウンターリボンズハウス (18)

がんに関する様々な資料、書籍が揃っており、ちょっとしたカフェコーナーの
ようなビューティーコーナーもあります。
2010.6.14.ソファとお花屋さんリボ のコピー
治療により生じる美容面での悩みや脱毛時(眉毛も抜けるのですよ)眉の描き方
など患者さんにとって心強くなる情報もあり。。

病院とはまた違って、町の景色と光りが射し込む開放的なスペースで
過ごしていると

「堂々と生きていいんだよね?」

と明るい気持ちになる。
? ココロが開放される ?
それは何よりも大切なこと
・・と感じます。。

宇宙で広がる折紙 - 2010.06.07 Mon

対角線部分を持って左右に引っ張ると展開、収納簡単にできる
不思議な折り方のミウラ折
の発明者、三浦公亮氏の講演会へ行ってきました。
2010.6.6.講演風景 のコピー


三浦氏は東京大学名誉教授、文部省宇宙科学研究所教授で現在は
宇宙の構造物の設計を研究されているそうです。

宇宙へ飛ぶロケットは小さい・・宇宙へ行って大きい仕事をしようとすると
何かクリアしなければいけない。
そこで考えられたのが小さくたためて大きく広げられるミウラ折りの人工衛星の
パネル展開。宇宙実験衛星の太陽電池パネルなどを設計されている三浦氏はまさに
「宇宙の建築家」と呼ばれているそうです。

宇宙では空気抵抗がないので光をうまく使える。
ロケットで軌道まで打ち上げてもらったら宇宙で大きい帆を広げる
大きさは少なくとも東京ドームくらい。。。
燃料は太陽の光でタダ(笑)
まるで「宇宙のヨット」・・というお話を聞いていたら
衛星が宇宙の海原でゆったりと・・太陽の光を受けて静かに漂っている姿を
想像して気持ちよかったです。。。


驚いたのは意外なところにもミウラ折を活用したものがあると見せてくれたのが
キリンの缶チューハイ(氷結)や缶コーヒー(FIRE)で使われているダイヤカット缶。
東洋製罐から話が来て作ったものだという。
栓を開ける前は円筒形。栓を開けたら少しつぶれて強くなる構造。
本来は缶の丈夫さを保つ為に厚さが必要となる缶だけれどこのダイヤカットの
デザインで缶の厚さを薄くしても丈夫になる方法が生まれたと。
ただデザイン性でと思っていた私はビックリ! !
兄貴の好きなお酒の缶に宇宙構造物の設計が生かされていたとは! と妙なところで
感動したりもする(笑)



人間が宇宙に出たんだから人間らしいことをしたい。
宇宙で遊ぶ。

壊れてはいけないものを作るのが仕事だけれど
でも 壊れる形の方が面白い


そんな遊びココロもたくさん感じられる三浦氏のココロの言葉が印象的。


そしてもうひとつ。。
手土産にいただいたのがある植物の葉を見て考えられたという
ミウラ折の葉。
2010.6.6.閉じた葉 のコピー 2
閉じていても・・
広げた葉
一瞬で開きますっ



葉も芽を出すときは小さく・・その後は少しでも太陽の光をたくさん受けられる
ように大きく葉を広げようとする

衛星パネルと同じだ。。

人も自然も同じことを考えてる!

何気ない身のまわりの自然にスゴイことはたくさん潜んでいるな・・と感じました。


ミウラ折というのは英国折紙協会でジョーク半分で折り紙の話をしたら
そう呼ばれるようになったという。。

地図MAPなどで多く活用されているミウラ折。
でも実は発案した頃は誰も聞いてくれず、もうこの案を捨てようかなと
思ったら注目されるようになったと言います。
「長生きしないとダメですね」(笑)と三浦氏。


宇宙に広がる夢の設計をされている三浦氏のお話を、近所で開催されていた
地域のお祭りの会場で聞くことができたのが、身近にアンテナはると
いろいろ発見できて面白いなぁ?と嬉しかったひとときでもありました。。

自分のココロもつい小さくなってしまうときあるけど
それはあくまでも折りたたみ中 折りたたみ中・・と思うか(笑)
ココロの折紙、ふわ???っと広げる日を夢見て・。。・・。☆

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

石坂香

Author:石坂香
イラストレーター&カケラージュ作家.
女、母、紙、絵、音、病、楽、笑、感、
日々、色々いろイロ、カケラージュlife!
病を機に 捨てられそうなモノが愛おしく
エコ紙漉きで、エコでニコッとなる
エコハートを産みました。
イロイロ 異素材などとセッションして 
日々のカケラで切ったり、貼ったり、
カケラージュ(造語)して 
生まれ変わらせています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
作品サイト http://gekko.petit.cc

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ