topimage

2009-02

吐き出し口 - 2009.02.28 Sat

作家 雫石とみさんのインタビューを見た。。
あの人に会いたい
( 再放送されます → 3/3(火)教育テレビ 14時30分―14時40分 )

東京大空襲で家族を失い 天涯孤独になり 浮浪者のための
婦人保護施設に入り、保護という名とは裏腹に虫けらのような扱い。。
自尊心をズタズタに傷つけられ、人から蔑まれる施設での日々。
そのマグマのように渦巻く行き所のない感情を日記に「ことば」
で吐き出して綴ってきたという。。


良い事も悪い事も たとえ一行でも書けばいい。。書けば気が晴れる。。


文章の応募を続け、55歳のとき労働大臣賞受賞。
65歳で処女作『荒野に叫ぶ声』(社会評論社)を発表。
自分のように 書くことが支えという人がひとりでも増えることを
願って。。土木作業などでコツコツと貯めて建てた家、私財を売った
2800万円を投じて「雫石とみ文芸賞基金」を創設されたという。。


質素なアパートで必要最低限のモノの中。。
インタビューに応じるとみさん。。
モノ ではない 大切な モノ で溢れて見えた。。


書かなければ生きられなかった。。という雫石さん。。
彼女にとって 日記で吐き出す 想い がどれほど の救いに
なってきたのだろう。。と 書 の力を感じた。。


自分も入院中。。毎日の想いを日記で吐き出していて

良い事も 悪い事も 吐き出すとラクになったのを想い出した。。




感情の吐き出し方は 人それぞれ。。

何かにぶつけたくなったら。。
自分の好きなものを手に取り
好きな作業をしたり。。

子供に当たってしまいそうになったら
ペンに持ち替えて 
紙に想いを吐き出したり。。

辛くなった時に
お母さん業界新聞を読んで
響感として吐き出せたり。。


モノも情報も溢れる時代。。
見失いそうな 内なる自分。。
吐き出して 埋もれてた自分
見えたらいいな。。
スポンサーサイト

ママの世界 ボクの世界 シャボン玉の世界 虫の世界 - 2009.02.24 Tue

息子に「ママの世界見せて」と言われ 
いきなりおんぶ飛び乗りポーズっ
「なぬっ??」と思って聞くと 数日前にたまたましゃがんだ時に
まわりを見てみると今まで気づかなかった世界(汚れとか・笑)が
広がってるではないか!!
子供はいつもこういう風に見えていたんだぁ・・と新鮮。。


ケンの世界ってこう見えるんだぁ またママの世界と違うんだねー
ママの世界も見せたげよっかー」と子供をおんぶして見せてみたのだ


同じ場所にいるのに 角度によって また違った景色。。。
気づかなかった部分がいろいろ見えて
子供もワタシもとっても新鮮だったのだ。。


じゃ。。アリさんとかはもっと違う世界に見えるんだろうねぇ
虫の世界はどうかしら。。といろいろな世界擬似想像モードへ(笑)


そう。。
すでに終わってしまったのだけれども・・
先日 あざみ野アートフォーラムでたまたま観た
360度の視界をパノラマボールにして見れたり 風船の視線で街を歩いたり
たくさんの虫を自由に拡大 縮小して視界を楽しんだり 眼球の裏側から
網膜に映る世界を表現してみたいと試みた球体写真etc・・・


いろいろな視点での表現作品が展示されていて面白かった。。 
虫を自由に拡大 縮小できるズームシー橋本典久氏+scope作)は
PCでもまだ体感できるっ


超拡大にしてみると 素敵なテキスタイルデザインに見えたり
虫には見えない新鮮な発見がある!!
(本物は怖くてなかなか見れない↑笑)

2009.2.24.snsシャボン玉と夕陽400x
久々にシャボン玉がしたいと子供に言われて。。
夏に祭りで景品にもらった手動式シャボン玉で
遊んでたとき。。
超デッカーーーイ玉が膨らみ。。。
二人で おぉぉぉーっ と見ていると 
そのシャボン玉に おぉぉぉーっ と驚いてる私達の姿が映っていて 
これまた おぉぉぉーっ と感動したのであった(笑)
(おぉぉぉーっと三段活用??)



なんだか虹色のシャボン玉の世界の中に二人で入れたようで嬉しかったなぁ。。








エコハートからのお礼 - 2009.02.12 Thu

街も店も春色に変わる頃。。
2ケ月半の間 港北東急ベビー休憩室で踊っていた
私たちも冬のダンス終演となりました。。
2009.2.12.エコハートお疲れ様っすPAP_0728
終演後、ソファで休憩中。。
2009.2.12.金井塚さんモチーフIMG_0321
言葉は喋れない私たちだけど。。
ダンスココロでご返杯♪

エコッ。。ニコッ。。


わざわざ私たちに会いに来ていただいた皆さま。。
とっても嬉しかったです。。

★アリガトウゴザイマシタ★



触覚ゲーム - 2009.02.10 Tue

NHKの福祉ネットワーク番組で「点字ってこんなに面白い!」
という番組を子供とたまたま見た。

今年2009年は点字の考案者ルイ・ブライユの生誕200年だそう。。
フランス革命の頃 暗闇の中でも声を使わず交信できる暗号の基礎と
視覚障害者に適した文字として改良を加えたのがブライユだったという。。

縦3点 横2点のたった6点の組み合わせで 
な。。なんと世界の言語を表現できるという!!

読むときは 左から凸面を触って読む 
書くときは 右から凹面を点で押していく。。
1つの文字も 読み 書きで2バージョン覚えないとダメなんですねぇ。。

点字が考案される前には紐の結び目で文字を読んだり
折り紙で文字を感じたり。。いろいろな手法の歴史紹介も興味深かった。。




13歳で失明した国立民族博物館准教授の広瀬浩二郎さんは 
最初は目で見てわかっていたことが
わからなくなって 抵抗感があったけれど
触覚から得られる新たな世界との出会いで
豊かな創造力が湧いてきたと
言っていた。。
多くの人に点字の楽しさを知ってもらい
豊かな創造力と柔軟な発想を伝えていきたい。。と。。

視覚障害にかかわらず。。
何かを失うことによって 世界が狭くなるのではなく
逆に創造力が鍛えられ世界が広くなる
というのが興味深いな。

五感すべてが揃っていても 返って
見えない 感じないことが
たくさんあるかも。。

ストイックになればなるほど 大事なモノが見えてくる
という 先日の中野さんの話とも頭の中でクロスしたりして。。





番組内でやっていたように 子供と目をつむって 
交互にモノを渡して あてっこする触覚ゲームをしてみた。。
触れたり 匂ったり 叩いて音を感じたり・・
冷たい 硬い はそんなにコワくないのだけれど 
温かい 柔らかいってのが コワいっ!!(笑)

子供が渡したモノでコワかった正体↓
2009.2.10.こわいものpa のコピー
↑指にしていたカットバンをはずして渡したモノ!!
・・・フニャッとして想像を絶する怖さであった。

子供はこの触覚ゲームが結構気に入ったらしく
何度もやろうと言う。。
「何が面白い?」と聞くと
「なにかなー なにかなーって考えるのが楽しい」と。。
眠っていた触覚の感覚。。起きたかなぁぁ???

相手の身になって感じるコト が少しでも出来たらいいな。。






美術品はよく「作品に触れないでください」と
注意書きがあるけれど・・
触って 楽しむ 感じるアートがたくさんあると
視覚障害者の方も楽しめるようになっていいな。。と
ふと思った。。


夢のお部屋 - 2009.02.08 Sun

今日は子供の園の製作展。。

子供達が1年間作った作品を各クラスいっぱいに展示して
この日の為に皆で考えたとっておきの合作と一緒に
皆に観てもらう日。。。

子供はこの日をとっても楽しみにしていました。
「楽しみにしていてねっ」
「うん、ワックワク」

子供の教室は「虫の世界」に一変していました。
皆の手でペタペタ塗ったという大きな木。。
その木のまわりにひとりひとりが作った虫たちが楽しそうに
いて。。今にも動きそおっ
2009.2.8.500x 夢のお部屋たち
牛乳パックで作った大きな唐傘おばけのいるおばけの部屋

お菓子がたっくさんのお菓子の部屋

地球の中に入ると。。なんと宇宙へと続いてた惑星の部屋気球がいっぱいのお部屋

おしろゆき の夢電車のお部屋

蜂の巣が見事な大木の部屋

大きなケーキの美味しそうな部屋

アマゾンに紛れ込んだかのような動物のいる部屋

迷路になってる部屋
Etc・・・

いろいろ

イロイロ

子供達の夢がいっぱいのお部屋がたっくさん。。
すべて廃材を生かして夢のお部屋へと変身していました。。
そのお部屋にいるだけでホワッと温かくなる。。

この温かさ。。昨日のお母さん大学のお部屋と一緒だな。。
と感じてしまった。。

見えているカタチ の中に
作っているときの想いや
楽しそうな顔
それまでの光景が
ホワッ ほわっ と
湧いてきて 
見えないカタチ も 心に見えた からかもな。。

この大きな合作品は展示会が終わったらどうなるのだろ。。と
気になり 先生に聞いてみたら。。

さすがに大きいのでそのまま置いておくことが難しいため
神さまに送ろうね。。とバラして 燃やして 煙にして
送る。。という。。 
中には「クダサイ」(と軽トラックでお持ち帰りする人も!)

形 は 消えても
感じた 心 は 消えないだろうな。。


園内にはもうひとつの姉妹園を開き 
また廃材を生かして壁画を作った園長先生の
壁画写真も展示されていた。。
2009.2.園長先生の壁画 SH010878 のコピー
スゴイ。。

「夢窓」
園長先生も夢を壁に。。込めたのかな。。
生でこの壁画。。観たくなってきたっ
夢の森幼稚園

形 に見えなくても 心 に見える 色 - 2009.02.07 Sat

お母さん大学のイベントへ行って来ました。。

この日は朝から気分が悪く久々に吐いてしまった。。
吐いたらスッキリ(苦笑)
待ち合わせをかなり遅らせてもらい友人と向かった。
せっかくなので等々力渓谷の川沿いを歩いて会場へ向かう
等々力渓谷ボクは行くPA0_0637

上界とは違う下界(笑)の世界にこんなところに渓谷があるなんて
と友人は驚いていた。。
東京。。世田谷に渓谷。。
鴨がたくさん。。
心地良い水音。。
マイナスイオン。。。浴びて。。


遠方からかけつけたお母さん大学の方々。。
応援する企業の方々。。
異業種、異年齢。。
レーシングドライバーの中野信治さんもノーギャラ(!!)で来てくれて。。

あらためてお母さん大学は老若男女響学だなと感じた。。

いろいろな色を持つ人達の 温かい を感じた。。
MJレポートへの道(笑)↓
百万母力への道 第一部
百万母力へのリレー? 第二部
夢への道★中野信治さん


原点回帰という言葉に心が響いた。。


自分の原点。。
今一度。。フリカエル。。

原点回帰でGo!

ドキドキ鍋? - 2009.02.06 Fri

友人が結婚して自分と同姓同名になった!結婚してから初めて会うことに。。
白金台の住宅街。。表札も看板もない隠れ家的なお店。。
インターホンを押すと返答もなく カチャ と門鍵の空く音。
ここは秘密基地か?? 
気になったのは隣の家の表札→「シンガー」
歌手が住んでるのだろうか??

鍋。。のイメージとは違い アンティーク家具の室内で食する鍋(笑)
こだわりの食材でメニューもひとつだけ。。石鍋コース。
たっぷりのごま油で食材を煮る煮る。。
締めはラーメンを入れる!!
思ったほどダシがきいてなかったな。。



子連れはほとんど居らず。。しかしボクはどこでもマイペース。
飽きてきてスリッパに手を入れてパンパン。。
紙とペンでお絵かきカキカキ。。
ワタシ 恥 カキカキ??



メニューもないので値段もわからずドキドキ。。
案の定。。聞きなれないお値段!!(笑)
こだわりと気位とあまり愛想のないことでも知れてるお店らしいが。
緊張して 店の人に 気を使って 高いお金払うのってどうなんだ??
2009.2.6.田口ちゃんへお祝いIMG_ のコピー
高級な雰囲気の中、手作りのお祝いキッチンリース。。
出しずらくて 別れ際に贈った(笑)
しかし同姓同名。。メッセージの名前書くとき。。
まるで自分に宛てるようで不思議感覚であった。。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

石坂香

Author:石坂香
イラストレーター&カケラージュ作家.
女、母、紙、絵、音、病、楽、笑、感、
日々、色々いろイロ、カケラージュlife!
病を機に 捨てられそうなモノが愛おしく
エコ紙漉きで、エコでニコッとなる
エコハートを産みました。
イロイロ 異素材などとセッションして 
日々のカケラで切ったり、貼ったり、
カケラージュ(造語)して 
生まれ変わらせています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
作品サイト http://gekko.petit.cc

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ